自己破産後も住宅ローンは組めますか?

ホーム住宅ローンと自己破産>自己破産後も住宅ローンは組めますか?

◆質問

13年前に地方銀行と住宅金融公庫と年金住宅ローンから融資を受けて4190万円のマンションを購入しましたが妻の消費者金融の借り入れで支払いが出来なくなり、自己破産しました。
その後、離婚をし、また2年前に再婚いたしました。
今は妻方の実家で同居しています。
後2年後ぐらいをメドに現在の義母名義の戸建を建て替えしたいと思っていますが住宅ローンは可能でしょうか?
ちなみに、年収は640万円です。

◆回答

自己破産後に一切住宅ローンが利用出来ないということはありません。
自己破産は個人信用情報に登録されますが、登録されている期間は最長で10年です。
10年が経過すれば、自己破産歴の情報は自動的に削除されることになっています。

個人信用情報に自己破産の情報が登録されている間は「ほぼ確実に」住宅ローンの利用は困難ですが、登録が削除されれば基本的には過去に自己破産をされた事実はわからなくなりますから、住宅ローンの利用の可能性は出てきます。

もっとも自己破産によって免責となった債務を借入していた金融機関では、ほぼ永久的に新規のローンは利用出来ません。
上記以外の金融機関を選択してください。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です