父の死亡に伴い、借金がある銀行への各種書類の提出義務について

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>父の死亡に伴い、借金がある銀行への各種書類の提出義務について

事例
親が借金を残したまま死亡した場合、子供などの相続人が借金を相続することになります。
ただし借金が多額など負債の方が大きい場合、相続人は相続放棄の手続きを取ることにより借金の相続から免れることが出来ます。

銀行は相続人など亡くなった方の関係者から死亡の知らせを受けない限り、債務者である親が亡くなったことを知りません。
ただし返済が延滞となった場合、銀行から債務者に連絡が行き、そこで死亡の事実が判明することがあります。
その後の手続きなどで銀行から子供兄弟など相続人に対して、銀行に死亡の届を出してほしいとか、相続放棄するのであれば裁判所からの相続放棄の受理証明書の提出を求められることがありますが、そのような書類を銀行に提出しなければならないのかどうかがここでの事例です。





解説
まず銀行がなぜ死亡届を出してほしいとか、相続放棄の受理証明書を提出してほしいと要請するのかと言えば、それは融資の事後処理をしなければならないからです。
亡くなった債務者の相続人全員が相続放棄を行い、かつ融資の連帯保証人もいない、土地などの資産もない場合、銀行は最終的に融資を全額回収することは出来ません。
しかし銀行は融資金を回収不能だからといって未処理のまま放置することは出来ません。
最終的には「貸倒処理」の手続きを銀行内部で行う必要があるのです。

その最終処理にあたっては、銀行担当者が相続人さんから債務者の死亡や相続人全員の相続放棄を「ただ聞いた」だけではだめなのです。
相続放棄の受理証明書など何かしらの書類でもって担当者だけではなく、銀行組織として確認する作業が必要です。
そのために相続人さんなどに書類の提出を求めるわけです。

ただ要請を受けた相続人さんが銀行の求めに絶対に応じなければならないという義務はありません。
あくまでも銀行に協力するという位置づけです。
銀行は相続人さんなど関係者の協力が得られない場合には、債権者としての立場から裁判所に相続放棄の受理証明書を取得するなどの手続きを行い、最終処理を行っていきます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です