最近、借入したばかりなのにそのことで嘘をついて他の銀行に借入の申込をおこなったのですが・・・?


ホーム銀行融資全般に関するQ&A>最近、借入したばかりなのにそのことで嘘をついて他の銀行に借入の申込をおこなったのですが・・・?

事例

・小さな会社を経営しており最近資金繰りが苦しいため、今まで取引のない2つの新規の銀行から借入をした
・その直後に今度はすでに取引のある銀行に新たな融資の申し込みを行った
・その際、その銀行担当者から「最近、他の借入はしていないか?」という質問に対して「していない」と嘘を言ってしまった
・この嘘がばれて借入が出来なくなるようなことがあるのか?

解説

小さな会社ということであれば、銀行融資の大半は信用保証協会の保証付融資となることが予想されます。
すでに取引のある銀行の担当者からの「最近、他の借入はしていないか?」との質問は信用保証協会の保証付融資で手続きを進めることを念頭に入れて、他の借入、つまり信用保証協会の利用を最近はしていないかどうかの確認だと考えられます。

なぜそのようなことを銀行担当者が質問したかと言えば、それは直近に信用保証協会への保証申し込みを行っていると、一定の時間、少なくとも半年程度は経過していないと保証が得られにくくなるからです。
短期間の間に信用保証協会へ保証申し込みを行っても、協会側から「最近保証したばかりなので、追加の保証は無理です」という答えが返ってきますから、その銀行の融資は受けられないことになります。

最近取引をした銀行からの借入がビジネスローンなどプロパー融資であれば、信用保証協会の保証を利用していませんから、その直後の申込であってもすでに取引のある銀行からの信用保証協会保証付融資は借入が出来る可能性があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です