融資連帯保証人の変更

ホーム銀行融資と保証人>融資連帯保証人の変更

質問

一年前、銀行から信用保証協会の保証付きで家族経営の新規法人の融資を受けました。
事業は上向きですが運転資金が不足してきたため追加融資をお願いするにあたり、代表者自身がこれ以上連帯保証人となることを頑として承諾しません。
代表者を変更し、株式も譲渡してしまえば連帯保証人を変更できる可能性があるようですが、新代表者が高齢、年金生活者(現•取締役&融資連帯保証人)でも変更してもらえるのでしょうか?
銀行は、会社に貸したというより会社代表者の信用で貸すのだから、最初の融資の個人保証人名を新代表者に変えるのは無理と融資関係のHPにありました。
こちらは連帯保証人を変えたい旨を銀行に相談に行くのですが、「信用保証協会でダメなんですよ」としか言ってくれず、どうしたらよいのか途方にくれてます。

回答

まず連帯保証人というのは解除しないというのが原則です。
中小企業への銀行融資の場合、ほぼ100%、その代表者は連帯保証人となっていただきます。
代表者に連帯保証人になっていただく理由は、万が一の場合の銀行融資の回収手段の意味があるとともに、連帯保証人という大きな義務を負っていただくことを通して会社経営に対する責任と自覚を求める意味合いもあります。
特に後者の意義が大きいと考えています。





ところが連帯保証人から後から脱退出来るということであれば、会社経営に責任と自覚を持っていただけないことが考えられます。
そのような意味合いも兼ねて連帯保証人というのは解除しないというのが原則なのです。

しかし一方で連帯保証人は大きな責任を負うことになることは事実です。
会社の経営にまったく関係ない立場になり、その会社から収入も得ていないのに連帯保証人という大きな責任だけを負うのは過酷な面もあります。
したがって連帯保証人は解除しないというのが原則なのですが、上記のような状況を踏まえて例外的に連帯保証人の脱退を認めるケースがあるのです。
これは信用保証協会の保証付融資であっても連帯保証人の変更の取り扱いは同様です。

ただし、ご質問内容を拝見して連帯保証人変更が困難と思われる一番の要因は家族経営であるという点です。

例としてAさんが現在の代表取締役で融資の連帯保証人であるとします。
この状態でAさんが代表取締役を退任し、Bさんが新代表取締役に就任するとします。
このケースで現在の連帯保証人であるAさんが連帯保証から脱退するには、Bさんが新規の連帯保証人に就任するとともに、Aさんは会社経営から完全に離れる、突き詰めていえばAさんの生活はその会社にまったく依存しないということが求められます。

家族経営の会社である場合、現在の代表取締役は新規に代表取締役に就任する方との関係を含めて独立して生活をしていくことは可能なのでしょうか?
会社からは収入は得ないが、新代表取締役、あるいは他の取締役、社員に「養ってもらう」関係であれば、その会社経営から完全に離脱しているとはみなされず、連帯保証人から脱退することは困難だと考えられます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です