借入金が年商の半分近くになったら考えるべきこと

ホーム銀行融資審査マンの心理>借入金が年商の半分近くになったら考えるべきこと

一部の業種(不動産業など)を除き、製造業や卸売業、小売業など多くの業種の場合、銀行融資などの借入が年商の半分近くまで増えてきた場合によく考えてほしいことがあります。
それは「どうやって借入金を返済し減らしていくか」です。

借入金が年商の半分ほどになると借入金の返済のための新たな借入金が必要となってきます。
つまり借入金の絶対額が簡単に減らなくなります。
支払利息の負担も重くのしかかり利益を圧迫するようになります。
「銀行に返済するために事業をやっているようなもの」になってきます。





年商の半分近くに借入金を抱えるようになると、事業活動による収入では抜本的な借入金の圧縮が困難になることが多いのです。
売上の減少などに伴い返済のための新たな借入金が必要となることも多く、借入金は減るどころか逆に増えてしまうケースも少なくありません。

このような状態になった場合には、遊休資産、例えば事業には関係のない不動産の売却、過剰な保険などがあればこれを解約し、借入金の抜本的な圧縮の検討をしてみてください。
これらが難しい場合、銀行も踏み込んだ支援が難しいのが現実です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です