保証人を頼まれた時に考えるべきこと

ホーム保証人に関すること>保証人を頼まれた時に考えるべきこと

知人や親族などから融資の連帯保証人を頼まれることがあります。
その際、考えるべきことを管理者の融資実務経験を通して説明します。

まずお金は人を変えるということです。
どれだけ信頼できる人でも、お金に窮してくると全く別人となってしまうのが現実です。
なかにはそのようなことはない人もいますが、残念ながら多くの場合、人が変わってしまいます。
「騙された」と思っても連帯保証人の責任、つまり全額を返済しなければならない義務から逃れることは出来ません。
返済義務を果たすために大切な資産を手放すこともあり得ます。
このことを十分に腹落とししてください。





連帯保証人になるということはすべての財産を失う可能性があることを肝に銘じてください。
大きな銀行だから手荒なことはしないと考えるのは甘いです。
もちろん違法な取立は行いません。
しかし金融機関は組織です。
仮に金融機関の担当者が良い人でも、組織として連帯保証人に返済請求をしないということは許されません。
大切なマーホームも融資を回収するために、法律に則って競売など処分を行ってきます。

要するに連帯保証人というのは借入本人、つまり債務者と全く同じなのです。
ご自身が融資を受けるのと同じことだということを十分に認識をしてください。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です