信用保証協会付き融資は一生受けられませんか?

ホーム信用保証協会保証付融資の代位弁済>信用保証協会付き融資は一生受けられませんか?

事例

・10年以上前に会社を経営していたが倒産した
・その時、信用保証協会の保証付融資があり代位弁済された
・自宅不動産を担保に入れていたが、信用保証協会の競売にかかった
・担保処分で信用保証協会の代位弁済分はすべて完済されたと考えている。信用保証協会とは連絡を取っていないので、本当に完済されたかどうかは不明。
・最近再び会社を起こし、信用保証協会の保証付融資を受けたいが一度信用保証協会の代位弁済を受けると一生受けることは難しいのか?

解説

信用保証協会が利用出来ないケースとして次の場合があります。
・信用保証協会の代位弁済先で、協会に求償債務が残っている方。
・原則として、協会に対して求償権の保証人として保証債務を負っている方。



代位弁済を受けて信用保証協会に完済していない場合、どれだけ時間が経っても利用することは出来ません。
ここで完済の条件ですが、元金だけではだめです。
信用保証協会の代位弁済を受けると、信用保証協会は損害金も請求することになります。
したがって元金プラス損害金をすべて返済しないと代位弁済の返済が完了したとは言えません。
自宅不動産の競売にて仮に元金が完済されたとしても損害金が少しでも残っていると、まだ信用保証協会に「完済」したとは言えません。

では完済すればすぐに信用保証協会が再び利用出来るかというと必ずしもそうではありません。
通常では一定期間を経ないと再び信用保証協会の利用は困難なようです。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です