個人版民事再生の概要

ホーム個人民事再生>個人版民事再生の概要

個人版民事再生の正式名称は「小規模個人再生及び給与所得者等再生に関する特則」という個人債務者向けの民事再生手続きとなります。





個人版民事再生は安定的な収入がある、あるいは見込みがある個人の債務者を対象としたもので、住宅ローンや担保処分により返済出来る債務を除いた債務総額が5000万以下の場合に、債務を大幅に減額することにより個人債務者の経済的な再生を目的とした制度です。
なお個人版民事再生では大幅に減額された債務を3年以内に返済にする義務があります。
したがって減額後の債務を3年以内に返済出来ない場合や、安定的な収入が見込めない場合には個人版民事再生を利用することは出来ません。

要約すると個人版民事再生は裁判所の関与の下で、減額された債務を3年以内に返済出来ることを条件に、残りの債務を免除してもらう制度だと言えます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です