信用保証協会は意味があるのですか?

ホーム信用保証協会保証付融資入門>信用保証協会は意味があるのですか?

大企業に比べて中小企業や個人事業主はどうしても信用力が劣りますし、景気変動による抵抗力も弱いのが一般的です。
このことを銀行融資の側面で眺めると、中小企業や個人事業主向けの融資は大企業向けに比べて貸し倒れの危険性が一般的に高いということにつながります。

銀行は融資を行うことにより収益を稼いでいるわけですが、だからといってやみくもに融資をすれば良いということにはなりません。
なぜなら融資はしたものの、回収不能に陥れば融資で稼いだ収益以上の損失が発生するからです。
したがって銀行は融資を行うだけではなく、その回収確実性にも十分に配慮する必要があるのです。





すると中小企業や個人事業主向けの融資は回収確実性が弱いですから、銀行は融資に慎重となります。
ということは中小企業や個人事業主は事業活動に必要な資金を十分に調達出来ない結果となってしまいます。
そうならないように、つまり中小企業や個人事業主向けに銀行が安心して融資を行えるようにするために、公的機関である信用保証協会が存在するのです。

信用保証協会は銀行が中小企業や個人事業主向けに融資を行うに当たって、保証人となる役割を担っています。
銀行からすれば信用保証協会という公的機関が保証人になってくれれば、回収面に心配することなく、積極的に中小企業や個人事業主に融資を行うことが可能となります。
中小企業や個人事業主も信用保証協会が保証人となってくれることで、銀行から十分な資金を調達できる可能性が飛躍的に増加するのです。

中小企業や個人事業主の資金調達を大きくバックアップする役割を信用保証協会は負っており、その存在は大きな意味があるのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%