収入合算で住宅ローンの申込後、妻が退職することになった

ホーム住宅ローンの収入合算>収入合算で住宅ローンの申込後、妻が退職することになった

事例

・新築マンションの購入にあたり住宅ローンを夫婦の収入合算にて申込手続きを行った
・住宅ローンは新築マンションの完成時期にあわせて実行されるため、半年後の予定
・申込手続き後に妻が退職することになった
・この場合に、妻が退職したことを言わなくてもそのまま審査手続きや実行は行われるのか?
・申告した場合、状況が変わってしまうのか?

解説

結論から申し上げますと妻が退職したことを銀行に報告すべきです。
黙ったままでも審査手続きが行われると思います。
しかし審査がパスしてもローンの契約時あるいはそれまでのどこかのタイミングで健康保険証の提示など勤務確認が行われます。
その時に当初と違う健康保険証を提出したり退職したことがわかれば、今までの審査手続きが白紙になり、最悪は住宅ローンの審査が通らないことも考えられます。
そうなった場合、マンションの購入契約に関し違約金の支払い義務が発生する事態も想定されます。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。