信用保証協会はノンバンクから借入情報を取得するのですか?

ホーム信用保証協会保証付融資の審査>信用保証協会はノンバンクから借入情報を取得するのですか?

事例

・現在、銀行経由で信用保証協会の保証付融資を申し込んでいる
・信用保証協会との面談は終わり感触としては行けそうな感じ
・心配事として個人的にノンバンクからの借入がある
・面談時には聞かれなかったので信用保証協会の担当者には伝えていない

解説

信用保証協会は個人信用情報の照会は行いません。
したがって自ら申告しない限り、ノンバンクからの借入があることを信用保証協会が知ることはありません。
ただ信用保証協会の保証付融資は信用保証協会の保証審査と銀行の融資審査の2つがOKとなってはじめて融資が実行されるものです。

つまり銀行が審査の過程で個人信用情報の照会を行う可能性はあります。
ただ信用保証協会の保証付融資の場合、銀行は個人信用情報の照会は行わないのが一般的です。
銀行が個人信用情報の照会を行う際には、必ず本人に事前に書面での同意を求めます。
そのような同意書を提出していない限り、銀行が勝手に個人信用情報の照会を行うことは決してありません。

なお仮にノンバンクの借入があることを信用保証協会が知った場合には、多くの場合、ノンバンクからの借り入れを完済することが保証決定の条件となります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。