銀行取引約定書の締結時期について

ホーム銀行融資の基礎>銀行取引約定書の締結時期について

多くの法人や個人事業主は事業に必要な資金を銀行から融資を受けて調達をしています。
そして銀行から初めて融資を受ける際には銀行取引約定書と呼ばれる基本約定書を締結することになります。

ところで銀行取引約定書の締結時期は実務上は具体的な融資契約(金銭消費貸借契約など)と同時であることがほとんどです。
原則論から言えば、銀行取引約定書をまず締結し、その後に具体的な融資契約を行うことになります。
銀行取引約定書は融資取引における包括的な契約の意味がありますから、まず最初にこちらを締結し、その後に個別具体的な融資契約を行うことになるのです。





しかし銀行実務においては銀行取引約定書の締結と具体的な融資契約を同時に行うことが大半です。
これは単なる手間暇の問題です。
銀行取引約定書の締結と具体的な融資契約を別々の日に行えば、それだけ双方の手間暇が増えます。
それを避けるために銀行取引約定書の締結と具体的な融資契約を同時に行う手続きが大半を占めています。

なお銀行取引約定書の締結は初めて融資取引を行う時に一回だけ手続きを行います。
その後の追加融資時においては、具体的な融資契約のみで銀行融資が実行されます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%