短期借入金と長期借入金はどちらが利率が高いのでしょうか?

ホーム銀行融資の基礎>短期借入金と長期借入金はどちらが利率が高いのでしょうか?

銀行融資の利率の決定要因の基本は融資の回収リスクの大小です。
例えば財務内容が良好の企業向け融資と債務超過で財務内容が悪い企業向けの融資の回収リスクを考えてください。
どちらの回収リスクが高いかと言えば、当然後者ですよね。
融資の回収リスクが高ければ、少しでも高い利率を適用し利息収入を増やさないと銀行自身の損益が保てません。





短期借入金と長期借入金では一般的に長期借入金の方が利率が高くなります。
なぜ高いかと言えば、これも融資の回収リスクで説明することが出来ます。
短期間の融資と長期間の融資を比較した場合、どちらが回収の危険性が高いかと言えば、これも当然長期間の融資になります。
長期間のうちには融資先の業績が悪化し、回収懸念が高まる可能性があるからです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%