初めて銀行融資取引をするときに必ず銀行取引約定書を締結する理由

ホーム銀行融資の基礎>初めて銀行融資取引をするときに必ず銀行取引約定書を締結する理由

銀行取引約定書は取引先との融資取引における包括的な取り決めを定めています。
実際に取引先に融資を行う時には、金銭消費貸借契約を締結したり、手形を受け入れたりしますが、これらの個別融資の書類には銀行融資取引における包括的な取り決めは定められていません。





銀行融資にはさまざまな形態がありますが、個別の融資契約には定められていない基本的で包括的な取り決めを行うため、初めて銀行融資取引を行う時には銀行取引約定書を締結するのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%