初めて銀行融資取引をするときに必ず銀行取引約定書を締結する理由

ホーム銀行融資の基礎>初めて銀行融資取引をするときに必ず銀行取引約定書を締結する理由

銀行取引約定書は取引先との融資取引における包括的な取り決めを定めています。
実際に取引先に融資を行う時には、金銭消費貸借契約を締結したり、手形を受け入れたりしますが、これらの個別融資の書類には銀行融資取引における包括的な取り決めは定められていません。

銀行融資にはさまざまな形態がありますが、個別の融資契約には定められていない基本的で包括的な取り決めを行うため、初めて銀行融資取引を行う時には銀行取引約定書を締結するのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。