初めて銀行融資取引をするときに必ず銀行取引約定書を締結する理由

投稿日:

ホーム銀行融資の基礎>初めて銀行融資取引をするときに必ず銀行取引約定書を締結する理由

銀行取引約定書は取引先との融資取引における包括的な取り決めを定めています。
実際に取引先に融資を行う時には、金銭消費貸借契約を締結したり、手形を受け入れたりしますが、これらの個別融資の書類には銀行融資取引における包括的な取り決めは定められていません。

銀行融資にはさまざまな形態がありますが、個別の融資契約には定められていない基本的で包括的な取り決めを行うため、初めて銀行融資取引を行う時には銀行取引約定書を締結するのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の基礎
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.