手形貸付の書き換えはジャンプと同じですか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>手形貸付の書き換えはジャンプと同じですか?

手形貸付は銀行融資の1つで、銀行に手形を振り出すことで融資が実行されます。
手形の期日に返済することが原則ですが、新たな手形を銀行に振り出すことにより返済期日を延長することも可能です。

よく手形を書き換えて期日を延長することを「手形のジャンプ」といい、あまり良い意味では使われませんが(=資金が乏しいため期日を先延ばしすること)、銀行融資の手形貸付においては必ずしもネガティブとは言い切れません。
銀行融資の手形貸付においては手形を書き換えて融資を継続することはよくあることなのです。

手形貸付は短期の運転資金に利用されることが多いのですが、運転資金ですから基本的には常時資金が必要です。
手形の期日に返済をしても、またすぐに運転資金の借入が必要となります。
これらの反復される事務手続きを省略するために、手形の期日に手形を書き換えて実質的に融資を継続するわけです。
手形の書き換えは確かに「ジャンプ」と同じことですが、手形貸付における手形の書き換えは実務的によく行われていることであり、決してネガティブとは言い切れないのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。