会社の代表が債務整理する場合

ホーム銀行融資と経営者の関係>会社の代表が債務整理する場合

質問

有限会社を一人でやっています。
信用金庫から750万借り入れがあり、代表である私が保証人になっています。
不景気で業績が悪化し今年の春にリスケしてもらい返済しています。
リスケ前、リスケ後ともに返済の遅れは一度もありません。

個人でクレジットカードのキャッシングやローンもあり(お金の使い道は運転資金や以前いたアルバイトの給与や自分の生活費)残債が多く、払っても払っても利息を返しているだけで元本が減らず会社の業績もなかなか上向かないため個人の債務整理を考えています。

個人のクレジットだけを任意整理しようと思っていたのですが残債も多いので専門家の無料相談で事業も続けることが出来るので個人再生をすすめられました。
個人再生の場合、保証人になっている分も含めた金額を整理することになると聞きましたが、会社名義の借り入れはまったく遅れもなく払っていても、保証人は会社の借入額も含めた金額で債務整理しないとならないのでしょうか?





それで整理した場合、会社名義の借り入れはそのまま通常の返済額を最初の契約通り払い続けるのでしょうか?

回答

債務整理についてですが、債務整理は債権者側から見れば一定の損失が発生してしまう手続きとなります。
わかりやすく申し上げれば、融資などが全額回収することが出来なくなるということです。
したがって債務整理を債務者の方が申し立てをする場合には、債権者に不平等にならないようにすることが原則となります。

一部の債権者には債務整理の手続きをするが、一部の債権者には従来通りの返済をするというのでは、債権者間に不平等が発生していまい、当然不平等の債権者は異議を申立てすることになりますから、結果として債務整理そのものが困難な状態になる恐れがあります。
そうならないように債権者間で平等になるように債務整理の手続きを進めるのが原則となります。

保証人である方が債務整理となった場合には、債務者、つまり会社に対して銀行は一括返済を求めることが出来る権利を有することになります。
特に中小企業の場合には、企業=代表者、つまり会社と代表者は一心同体と考えられます。
その一方である代表者、つまり保証人が債務整理となれば、会社の業績にもおおきな懸念が生じるのが自然だと思います。
したがってご質問者が債務整理をした場合には、今までの通り会社は返済するのではなく、一括返済を求められる可能性があります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%