連帯保証人になっている相手に自己破産された場合について

ホーム保証人に関すること>連帯保証人になっている相手に自己破産された場合について

連帯保証人になっている相手、つまり借金をしている本人が自己破産の申し立てを行い、免責を得た場合、借金をしている本人は以降の返済を免除されます。
しかし借金そのものが消滅するわけではありませんので、金融機関などは連帯保証人に対して借金の返済請求を行うことになります。
つまり借金をしている本人が自己破産・免責となっても連帯保証人は返済義務から免れることは出来ないのです。




◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。