連帯保証人になっている相手に自己破産された場合について

ホーム保証人に関すること>連帯保証人になっている相手に自己破産された場合について





連帯保証人になっている相手、つまり借金をしている本人が自己破産の申し立てを行い、免責を得た場合、借金をしている本人は以降の返済を免除されます。
しかし借金そのものが消滅するわけではありませんので、金融機関などは連帯保証人に対して借金の返済請求を行うことになります。
つまり借金をしている本人が自己破産・免責となっても連帯保証人は返済義務から免れることは出来ないのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%