知人の借金の連帯保証人になってしまいました

投稿日:

ホーム保証人に関すること>知人の借金の連帯保証人になってしまいました

連帯保証人というのは借金をしている本人、つまり債務者が返済出来なくなった場合に、代わりに借金の返済義務を負う人のことです。
連帯保証人自身が返済出来ないとなると債権者は連帯保証人の資産を競売にかける権利を持っています。
したがって連帯保証人の有する資産、例えば銀行預金や不動産、自動車などが差押を受けて換金されることもあり、それに対して連帯保証人は異議を唱えることは出来ません。

また債務者が自己破産・免責となった場合でも、債務者自身は借金の返済から逃れることが出来ますが、連帯保証人は自身が自己破産・免責とならない限り、返済義務から逃れることは出来ないのです。
債務者が自己破産・免責となっても借金そのものがなくなるわけではありません。
借金自体は残っていますから、連帯保証人の返済義務はなくならないのです。



管理者選定:中小企業・事業者向け資金調達

ビジネクスト
大手資本が入り歴史が古いビジネスローンの代表的な商品です。

事業資金ならキャレント
ネットで全て完結する500万円までの資金調達商品です。

【GMO BtoB 早払い(ファクタリング)】
借入ではなく売掛金の売却による資金調達です。東証一部上場企業が運営しており安心です。

-保証人に関すること
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.