連帯保証人が自己破産した場合でも返済義務は残るのでしょうか?


ホーム保証人に関すること>連帯保証人が自己破産した場合でも返済義務は残るのでしょうか?

連帯保証人が自己破産し免責となった場合には返済義務はもう残りません。
連帯保証人が負っている保証債務(=債務者に代わり返済しなければならない義務)も免責の対象となりますから、自己破産の申し立てを行い、免責許可となればもう債務者に代わって返済する義務はなくなります。
なお自己破産の申し立てを行う際にはきちんと保証債務も申告しなければなりません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト