民法第2条 解釈の基準

ホーム民法>民法第2条 解釈の基準

民法第2条 解釈の基準
この法律は、個人の尊厳と両性の本質的平等を旨として、解釈しなければならない。

民法も憲法の精神に則って解釈されなければならないということです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。