銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの要請は経営者自らが行う

更新日:

ホーム返済条件変更(リスケ)の手引き>銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの要請は経営者自らが行う

リスケの要請を銀行に行う場合、決して第三者を同席させてはいけません。
経営者自らが自らの口で銀行にリスケの要請をしなければなりません。

たまにですが経営者に代わり、あるいは経営者と同席して経営コンサルタントなどがリスケの要請に加わることがあります。
このような場合、銀行側は「第三者介入案件」として非常に厳格な姿勢で臨むことになります。
こうなってはリスケが受けられるものも受けられなくなる事態も十分にあります。

くれぐれもリスケの要請は経営者自らが単独で行ってください。
そうすることで銀行側からの信頼度も上昇するのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-返済条件変更(リスケ)の手引き
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.