銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの要請は経営者自らが行う

ホーム返済条件変更(リスケ)の手引き>銀行融資返済条件変更(リスケ)の手引き リスケの要請は経営者自らが行う

リスケの要請を銀行に行う場合、決して第三者を同席させてはいけません。
経営者自らが自らの口で銀行にリスケの要請をしなければなりません。

たまにですが経営者に代わり、あるいは経営者と同席して経営コンサルタントなどがリスケの要請に加わることがあります。
このような場合、銀行側は「第三者介入案件」として非常に厳格な姿勢で臨むことになります。
こうなってはリスケが受けられるものも受けられなくなる事態も十分にあります。

くれぐれもリスケの要請は経営者自らが単独で行ってください。
そうすることで銀行側からの信頼度も上昇するのです。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。