離婚と連帯保証人について

投稿日:

ホーム保証人に関すること>離婚と連帯保証人について

「離婚すれば連帯保証人から外れるのか?」など多くのお問い合わせをいただいておりますが、結論は「離婚しても連帯保証人から外れることは出来ません」ということです。

よくある事例は住宅ローンのケースだと思います。
夫が住宅ローンを利用するに当たり、妻の収入を合算して申し込みを行ったり、購入する物件を夫と妻の共有名義にする場合、住宅ローンにおいては妻に連帯保証人になってもらいます。
そして不幸にもその後、離婚する事態になった場合に連帯保証人の問題がクローズアップしてきます。
離婚して夫が家を出ていき、住宅ローンの返済をしなくなった場合、銀行などの金融機関は夫の返済を求めると同時に連帯保証人である妻にも返済を求めることになります。
離婚しても関係はありません。

これは連帯保証契約というのは連帯保証人と銀行などの金融機関の2者が当事者であって、婚姻は連帯保証契約にはまったく関係がありません。
したがって離婚、つまり婚姻関係が解消となっても、連帯保証契約には何ら影響を受けないのです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-保証人に関すること
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.