連帯保証人になった後で辞めることは出来ないのですか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証人になった後で辞めることは出来ないのですか?

連帯保証人になった後は原則として連帯保証人を辞めることは出来ません。
銀行などの金融機関は万が一の場合に連帯保証人からの融資の回収を期待して債務者に融資を実施している側面があります。
その連帯保証人が途中で辞めることになった場合、万が一の場合に融資の回収に支障が発生することになります。
したがって一度なった連帯保証人を途中で辞めることは難しいのです。

別の言い方をすれば、連帯保証人を辞めるには代わりの連帯保証人を立てるとか、不動産などの担保を差し入れして、銀行などの金融機関が「万が一の場合には連帯保証人から融資を回収出来る」という期待を維持することが出来れば良いのです。
実際にはなかなか難しい話なのですが・・・。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。