連帯保証人には「検索の抗弁権がない」とはどういう意味ですか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証人には「検索の抗弁権がない」とはどういう意味ですか?

債権者が保証人の財産を差し押さえて回収しようとしてきた場合、まずは債務者の財産から回収してくれと保証人としては言いたいところです。
この「まずは債務者の財産から回収してくれ」というのが「検索の抗弁権」です。

「普通の」保証人には「検索の抗弁権」があるのですが、「連帯」保証人にはないのです。
それだけ連帯保証人というのは重い責任を負っているのです。



民法第453条(検索の抗弁)
債権者が前条の規定に従い主たる債務者に催告をした後であっても、保証人が主たる債務者に弁済をする資力があり、かつ、執行が容易であることを証明したときは、債権者は、まず主たる債務者の財産について執行をしなければならない。

民法第454条(連帯保証の場合の特則)
保証人は、主たる債務者と連帯して債務を負担したときは、前二条の権利を有しない。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。