連帯保証人には「検索の抗弁権がない」とはどういう意味ですか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証人には「検索の抗弁権がない」とはどういう意味ですか?

債権者が保証人の財産を差し押さえて回収しようとしてきた場合、まずは債務者の財産から回収してくれと保証人としては言いたいところです。
この「まずは債務者の財産から回収してくれ」というのが「検索の抗弁権」です。

「普通の」保証人には「検索の抗弁権」があるのですが、「連帯」保証人にはないのです。
それだけ連帯保証人というのは重い責任を負っているのです。





民法第453条(検索の抗弁)
債権者が前条の規定に従い主たる債務者に催告をした後であっても、保証人が主たる債務者に弁済をする資力があり、かつ、執行が容易であることを証明したときは、債権者は、まず主たる債務者の財産について執行をしなければならない。

民法第454条(連帯保証の場合の特則)
保証人は、主たる債務者と連帯して債務を負担したときは、前二条の権利を有しない。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%