連帯保証人が死亡した場合、保証も相続人に移行しますか?


ホーム保証人に関すること>連帯保証人が死亡した場合、保証も相続人に移行しますか?

連帯保証人が負っている保証債務も相続の対象となります。
したがって連帯保証人が死亡した場合、相続人は「自動的に」連帯保証人となります。
銀行などの金融機関は債務者が返済不能に陥り、連帯保証人に返済請求せざるを得ない事態になった場合、連帯保証人の相続人に返済請求を行います。

連帯保証人になりたくない場合には、相続放棄を検討することになります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト