連帯保証人が死亡した場合、保証も相続人に移行しますか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証人が死亡した場合、保証も相続人に移行しますか?

連帯保証人が負っている保証債務も相続の対象となります。
したがって連帯保証人が死亡した場合、相続人は「自動的に」連帯保証人となります。
銀行などの金融機関は債務者が返済不能に陥り、連帯保証人に返済請求せざるを得ない事態になった場合、連帯保証人の相続人に返済請求を行います。





連帯保証人になりたくない場合には、相続放棄を検討することになります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達