民法第5条 未成年者の法律行為

投稿日:

ホーム民法>民法第5条 未成年者の法律行為

民法第5条 未成年者の法律行為
1 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3 第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。

未成年者を保護するために、未成年者が法律行為をするには法定代理人の同意を必要とし、同意を得ないで行った法律行為は取り消すことが出来ます。
未成年者がローンやクレジットカードの申し込みの際、親権者などの同意を求められるのはこの民法第5条により、未成年者単独での借入行為は取り消しとされる恐れがあるからです。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-民法
-

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.