民法第5条 未成年者の法律行為

ホーム民法>民法第5条 未成年者の法律行為

民法第5条 未成年者の法律行為
1 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。
2 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。
3 第一項の規定にかかわらず、法定代理人が目的を定めて処分を許した財産は、その目的の範囲内において、未成年者が自由に処分することができる。目的を定めないで処分を許した財産を処分するときも、同様とする。





未成年者を保護するために、未成年者が法律行為をするには法定代理人の同意を必要とし、同意を得ないで行った法律行為は取り消すことが出来ます。
未成年者がローンやクレジットカードの申し込みの際、親権者などの同意を求められるのはこの民法第5条により、未成年者単独での借入行為は取り消しとされる恐れがあるからです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%