「保証は一代限り」は本当でしょうか?


ホーム保証人に関すること>「保証は一代限り」は本当でしょうか?

保証人である人が亡くなった場合、保証債務も相続の対象となり相続人が保証人となるのが原則です。
したがって「保証は一代限り」というのは正しくありません。
銀行の実務においても、債務者に代わって返済請求をしている連帯保証人が亡くなった場合、その相続人に返済の請求を行っています。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト