連帯保証人が死去した場合はその時点で連帯保証人から外れるのでしょうか?


ホーム保証人に関すること>連帯保証人が死去した場合はその時点で連帯保証人から外れるのでしょうか?

連帯保証人が死亡しても自動的に連帯保証人から外れるということはありません。
連帯保証人が死亡した場合、生前に負っていた保証債務は相続人に引き継がれることになります。
つまり相続人は故人の保証債務を相続するのです。
この場合、相続人が保証債務の相続から免れるには相続放棄という選択肢があります。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト