連帯保証人に裁判上の請求をすると主債務の時効の中断事由となりますか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証人に裁判上の請求をすると主債務の時効の中断事由となりますか?

連帯保証人に対する裁判上の請求は、連帯保証人に対する時効中断事由となるだけではなく(民法147条1号)、主債務者に対する時効中断事由にもなります(民法458条・434条)。
つまり連帯保証人に対して裁判による請求を行った場合、主債務者の時効も中断になるということです。

民法第147条 時効の中断事由
時効は、次に掲げる事由によって中断する。
1 請求
2 差押え、仮差押え又は仮処分
3 承認



民法第458条 連帯保証人について生じた事由の効力
第434条から第440条までの規定は、主たる債務者が保証人と連帯して債務を負担する場合について準用する。

民法第434条 連帯債務者の一人に対する履行の請求
連帯債務者の一人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても、その効力を生ずる。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。