連帯保証人に裁判上の請求をすると主債務の時効の中断事由となりますか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証人に裁判上の請求をすると主債務の時効の中断事由となりますか?

連帯保証人に対する裁判上の請求は、連帯保証人に対する時効中断事由となるだけではなく(民法147条1号)、主債務者に対する時効中断事由にもなります(民法458条・434条)。
つまり連帯保証人に対して裁判による請求を行った場合、主債務者の時効も中断になるということです。

民法第147条 時効の中断事由
時効は、次に掲げる事由によって中断する。
1 請求
2 差押え、仮差押え又は仮処分
3 承認





民法第458条 連帯保証人について生じた事由の効力
第434条から第440条までの規定は、主たる債務者が保証人と連帯して債務を負担する場合について準用する。

民法第434条 連帯債務者の一人に対する履行の請求
連帯債務者の一人に対する履行の請求は、他の連帯債務者に対しても、その効力を生ずる。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%