連帯保証人は内縁の妻でも可能ですか?

ホーム保証人に関すること>連帯保証人は内縁の妻でも可能ですか?

連帯保証人は原則として誰でもなることが出来ます。
内縁の妻であっても連帯保証人になることは出来ます。





ただし連帯保証契約の当事者は連帯保証人と債権者です。
債権者が同意しなければ内縁の妻に限らず、連帯保証人になることは出来ません。
例えば借入人本人が高齢のため、債権者としては相続人に連帯保証人になってほしいと考えているとします。
その時、相続人がいるにも関わらず内縁の妻を連帯保証人として立てても債権者が同意しない可能性があります。
なぜなら内縁の妻は相続人ではないからです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%