住宅ローンを申し込むには必ず連帯保証人を立てなければならないのでしょうか?

ホーム住宅ローンと連帯保証人>住宅ローンを申し込むには必ず連帯保証人を立てなければならないのでしょうか?

住宅ローンは原則として連帯保証人を立てる必要はありません。
住宅ローンを利用する際には、通常、住宅ローン保証会社の保証を付けることになっていますから、別途連帯保証人を立てる必要はないのです。





例外として連帯保証人を立てる必要がある主なケースは次の2つです。
1.収入合算で住宅ローンを利用する場合
夫の収入だけでは希望額の住宅ローンを利用することが難しい場合、妻の収入を合算して住宅ローンを申し込めば、利用可能額が増加することがよくあります。
この場合、収入合算する妻が連帯保証人になります。

2.購入物件を共有名義とする場合
住宅ローンでは購入物件に抵当権を設定します。
そして購入物件を夫と妻の共有名義として夫が住宅ローンを利用する場合に、妻は担保提供者になるととともに、連帯保証人になります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達