銀行でアパートローンを組む場合、自己資金として購入物件の2~3割は用意しなければいけない?

ホーム個人ローン全般>銀行でアパートローンを組む場合、自己資金として購入物件の2~3割は用意しなければいけない?

絶対に購入額の2、3割の自己資金を用意しなければならないということはありませんが、当然ながら自己資金が多いほどローン額は少なく済みますから、その後の返済負担が少なくなります。
購入額全額のアパートローンが無理だとは言い切れませんが、そもそも全額をローンに依存する計画を銀行員は嫌がるのです。





購入物件以外にも多くの不動産資産の活用をしており、それらの賃料収入などで返済面に問題がないと考えらえる場合などは別にして、例えば初めてのアパート経営の場合で全額をローンに依存するということは、計画のずさんさを銀行員は考えてしまいます。
ありきたりの言葉でいえば「全額を人の金で経営をするのですか?」ということです。

真剣にアパート経営を考えてきたのであれば、ある程度の自己資金を貯めているはずでは?ということです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達