アパートローンの金利と住宅ローンの金利を比較するとアパートローンの金利の方が高いのはなぜですか?

ホーム住宅ローンの金利>アパートローンの金利と住宅ローンの金利を比較するとアパートローンの金利の方が高いのはなぜですか?

銀行ローンの金利は原則として貸し倒れリスクの大小により決まる側面があります。
つまり貸し倒れリスクが高いほど金利は高く、逆に貸し倒れリスクが低いほど金利は低くなるのです。
要するにリスクリターンの原理です。





この点を踏まえてアパートローンと住宅ローンを比較した場合、貸し倒れリスクが高いのはアパートローンの方です。
住宅ローンを延滞し最終的に返済不能となった場合、生活の上で欠かせない住宅を失うことになります。
一方でアパートローンを延滞し最終的に返済不能となった場合、そのアパートは失ってしまいますが、生活の上で欠かせない住宅は原則として守ることが出来ます。
したがって実際上においても住宅ローンの貸し倒れ率は低いのです。
そのためアパートローンと住宅ローンを比較した場合、金利はアパートローンの方が高いのです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%