銀行員の決算書分析 売上高

ホーム銀行員の決算書分析>銀行員の決算書分析 売上高

売上が増えたのか減ったのか、会社の経営者にとっては一番に気になることだと思います。
銀行としても当然売上は増加したほうがよいです。

銀行員の売上高の見方

ただ銀行員は単純に決算書の売上が上がったのか下がったのかだけを見ていません。
銀行員が売上をどのように見ているかご案内します。

まずはやはり売上が上がったのか、下がったのか。
これは銀行員も気にしています。
売上が上がっていることに対してはマイナス評価はありません。
問題は下がっているときです。

銀行もそうですが売上は上がるときもあれば逆に下がるときもあります。
それは銀行員も理解しています。
ですから売上が下がってからといって直ちに厳しい評価をするわけではありません。

売上に関して銀行員が一番厳しい見方をするケースが、売上が毎期毎期減少している場合です。
いわゆるジリ貧の場合です。





このケースはまずいのです。
何がまずいのかというと、過去の経験から売上が毎期毎期減少している、ジリ貧状態の会社は倒産する確率が高いのです。
このことは経営者である社長自身が一番よくわかっていることだと思いますが。

総じて売上に関しては銀行は増加傾向にあるのか、それとも減少傾向にあるのか、トレンドを重視しています。

銀行員は売上高を12で割る

それと売上に関しては大事なポイントがあります。
銀行員は売上を12で割ります。
つまり平均月商を算出します。
この平均月商で売掛債権や在庫、あるいは買入債務が何か月分あるのかを把握します。

平均月商をものさしとして使うのです。
例えば、平均月商で在庫を割ったところ、5か月分の在庫があったとします。
事業の形態にもよりますが、5か月分の在庫というのは相当な量です。
この数値から銀行員は「不良在庫を抱えているのではないか?」などと類推し、社長に質問をすることになります。

売上をものさし代わりに使う。
銀行員の常套手段です。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%