勤務先の資金繰りが困窮しているようなのですが・・・

ホーム資金繰りの悩み事例>勤務先の資金繰りが困窮しているようなのですが・・・

事例
・勤務先の資金繰りが厳しい模様で仕入先より代金の請求を受けている
・銀行に融資を頼んでいたようだが受けられない様子
・今後どうなるのか





解説
仕入先から代金の督促がしばしば行われているのであれば、資金繰りはかなり厳しいものと推測されます。
資金繰りが厳しいのであれば、銀行から融資を受けて資金繰りを維持することが一般的ですが、必ず銀行融資が受けられるとは限りません。
仮に融資を申し込んでいる銀行に仕入先から代金督促をしばしば受けていることがわかれば、まず銀行から融資を受けることは難しくなります。
銀行としては融資したお金は返してもらわないといけませんから・・・。

銀行融資が受けられないとなると、ますます支払いが困難となります。
例えば税金を滞納する、社会保険料を滞納する、従業員への給料支払いが遅れる・・・などです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達