銀行融資を受けていますが法人を閉鎖し個人経営にすることは出来ますか?

ホーム銀行融資全般に関するQ&A>銀行融資を受けていますが法人を閉鎖し個人経営にすることは出来ますか?

法人で銀行融資を受けたまま、法人から個人経営にするには法人で受けている銀行融資の取り扱いが問題となります。
事業は個人で行い、法人はそのまま(=実質休眠とする)とし銀行融資の返済は従来どおり法人名義で行うことは物理的には可能ですが、銀行がそのことを認めることは困難です。
なぜなら銀行融資の返済はあくまでも事業によって得られた収入によってなされるのが自然であり、融資先が休眠状態であれば返済原資である事業収入がないからです。





ではどうすれば良いかというと、銀行実務においては法人から個人へ融資を引き継ぐ、つまり債務引受を行っていただくことになります。
要するに債務者を法人から個人に変更をし、実際に事業を行っている個人を債務者として返済を続けてもらうということです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達