銀行員の決算書分析 在庫回転期間

ホーム銀行員の決算書分析>銀行員の決算書分析 在庫回転期間

在庫回転期間は次の算式によって求めることができます。
在庫回転期間=在庫÷平均月商

この在庫回転期間の数値は何ヶ月分の在庫を保有しているかを表しています。
在庫の適正な水準は業種によって異なりますが、おおむね1ヶ月以内が適切な水準だと考えられます。

銀行員はこの在庫回転期間を見る場合、まず在庫回転期間の絶対値を見ます。
つまりこの会社は何ヶ月分の在庫を抱えているかということです。
在庫回転期間は少なければ少ないほどよいのですが、銀行員が許容する在庫回転期間の数値はせいぜい2ヶ月です。

在庫回転期間が3ヶ月だと銀行員は「大丈夫か?」と考えます。
在庫回転期間が6ヶ月だと「やばい」と考えます。





次に銀行員は在庫回転期間の過去からの数値の傾向を眺めます。
減る傾向にあるのか、それとも増えている傾向にあるのかです。
在庫回転期間が減少傾向にある場合はよいのですが、増加傾向にある場合は要警戒です。

在庫回転期間が増加傾向にあるとき、銀行員は「陳腐化・不良化している在庫が含まれているのではないか?」との疑問を抱きます。
在庫が正常なものなのか、それとも陳腐化・不良化しているものなのかは、会社の外部の人間にはわかりません。
当然銀行員もわかりません。
真実を知っているのはその会社の内部の人だけです。

ですから在庫の真実がよくわからない銀行員は在庫回転期間が長期化している場合、まず在庫の陳腐化・不良化を疑うのです。

在庫回転期間の長期はその会社の資金繰りを間違いなく圧迫します。
在庫の適正管理は対銀行との関係だけでなく、自社の資金繰り改善のためにも必須のことがらです。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%