銀行は消費者金融とつながりがあり、情報は信用保証協会にも伝わるのですか?

ホーム信用保証協会保証付融資Q&A>銀行は消費者金融とつながりがあり、情報は信用保証協会にも伝わるのですか?

銀行と消費者金融とは顧客の取引状況に関して、お互いに情報交換などをするつながりはありません。
消費者金融の中には銀行の子会社となっているものもありますが、だからといって顧客情報を交換しているようなことはありません。
例えばAさんが銀行の子会社である消費者金融から借入があっても、銀行は第三者機関である個人信用情報機関に照会を行わない限り、その事実はわかりません。

では個人事業主のBさんが消費者金融から借入があるとします。
その上で銀行に信用保証協会の保証付融資を申し込んだとします。
銀行によって取り扱いは異なると思いますが、信用保証協会の保証付融資の場合、銀行は申込者Bさんの個人信用情報を情報機関に照会することはありません。
したがって銀行はBさんから消費者金融から借入があることを、自主的に申告を受けない限り、その事実を知ることはないのです。

ではBさんが消費者金融から借入があることを知った場合、その事実を信用保証協会に申し込み時に伝えるかどうかですが、これは銀行と信用保証協会との信頼関係維持のために伝えることが原則です。
銀行の担当者によっては、信用保証協会に伝えることによってBさんが信用保証協会の保証を受けにくくなることを気にして、消費者金融からの借入の事実を伝えないかもしれません。
しかし知った以上は伝えるのが本当なのです。

信用保証協会ではBさんから保証の申し込みを受けた場合、まず消費者金融からの借入を完済すれば保証を検討するというスタンスを取るのが大勢です。
つまり消費者金融からの借入がある状態では、信用保証協会の保証を得ることが難しいのが現実です。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。