銀行による企業の格付けはどのような方法で?

ホーム銀行融資の基礎>銀行による企業の格付けはどのような方法で?

銀行は融資先につき個社毎の格付、簡単に言えばランク付けを行っています。
格付は大きく定量面と定性面を考慮して行っています。

定量面とは要するに融資先の決算内容の良し悪しです。
融資先より決算書類の提出を受けて、いろいろな切り口で財務分析を行い融資先の信用状態を審査します。





定性面とは融資先の属する業界環境や経営者の資質など、数字ではなかなか表せない側面について一定のロジックで分析をしています。

銀行が融資先の格付けを行う主な目的は、融資先の返済能力を把握し今後の融資方針を決める点にあります。
したがって定量面の評価が格付けに大きく左右されます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達