家が隣地にはみ出しているため、銀行から担保に取れないと言われました

ホーム銀行融資と担保>家が隣地にはみ出しているため、銀行から担保に取れないと言われました

事例
・所有している家を担保(土地および建物)に銀行から融資を受けたい
・銀行から建物の一部が隣地にはみ出しているため、これでは担保に取れないと言われた

解説
建物が隣地にはみ出しているということは、他人の土地を勝手に使っていると同義です。
この状態だと隣地の所有者から「建物をどかせ」と言われてもしょうがありません。
銀行は万が一融資が回収出来ない場合には担保に取っている不動産を売却して、その売却資金でもって融資の回収を図ることになります。
したがって担保の適格性の1つとして「処分の容易性」が求められます。





この点で考えると、建物が隣地にはみ出している不動産を買う人は、まずいないと考えるのが妥当ではないでしょうか。
そうすると担保に取っている不動産が売れないということ、つまり処分が容易ではないことになりますから、担保としては不適格なのです。
このため、隣地に建物がはみ出している状態では銀行は担保とすることを嫌がるわけです。

現状のままで担保とするには、隣地にはみ出している部分の建物を取り壊し、自分の土地内に建物が収まるようにするか、あるいは隣地も担保に提供してもらわなければなりません。
もちろん、隣地の所有者が担保提供に応じることはまず考えられませんから、実質的には隣地にはみ出している建物を一部取り壊して、自分の土地内に収める必要があります。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%