公職など経営とは関係のない肩書きが多すぎるのを銀行員は嫌う


ホーム中小企業社長との面談日誌>公職など経営とは関係のない肩書きが多すぎるのを銀行員は嫌う

会社経営者ともなると、業界団体や地元団体の活動に携わなければならないことが少なくありません。
しかし中には、ものすごく大量の肩書を持っている経営者に出会うことがあります。
こういう経営者を銀行員は敬遠します。

時間と体力には限界があるわけですから、大量の肩書をもち活動を行えば、自ずと事業経営に専念することが希薄になるはずです。
管理者の私が過去に出会った経営者の中に、会社の経営はほとんど部下に任せみずからは事業とはほとんど関係のない団体の活動に集中している方がいらっしゃいました。
こうなるとどうしても経営者が社内に気を配ることが出来なくなり、会社の規律が緩みがちになります。
私が出会った経営者の会社の場合も同じで、やがて部下の不正が発覚し、その会社は今は存在しません。

肩書の数に一定の基準はありませんし、肩書を多く持っているから融資を控えるということには直ちにはなりません。
しかし突っ込んだ取引は銀行はしなくなります。
ほどほどのつきあいに抑えて、取引の信頼関係も築くことが出来ず、いざという時に銀行が助けるということはありません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト