社長となかなか連絡が取れない先には融資をしたくない

ホーム銀行融資審査マンの心理>社長となかなか連絡が取れない先には融資をしたくない

融資先の中にはいつも社長が不在で、何度電話をしても折り返しの連絡をくれないところがあります。
このように社長となかなか連絡が取れないところには融資をしたくはありません。





社長と連絡がなかなか取れないということは、何か事があっても事情を把握することが出来ません。
また「何か都合が悪いことがあり、避けているのではないか」との疑念も頭をよぎります。
加えてそもそも論ですが、連絡しても反応がない取引先とは信頼関係を築けず、安心して取引をすることが困難です。

銀行というところは自分勝手かもしれませんが、いつでも取引先と連絡が取れる状態でないと落ち着かないところがあるのです。
逆の言い方をすれば、多少業績が悪くても日常的に社長とコンタクトが取れている場合には、「あの社長なら大丈夫だろう」という判断の下、融資を検討することは珍しくありません。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

◆売掛金を利用した事業資金調達
赤字決算などの理由で銀行融資がスムーズに受けられず資金調達に困った場合には、ファクタリング、つまり売掛債権の譲渡による資金調達方法があります。 これは大手企業でも取扱をしている方法であり一般的な資金調達手法です。
事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

トップ・マネジメントのファクタリングでつなぎ資金調達