従業員をけなす社長にはあまり融資をしたくない


ホーム銀行融資審査マンの心理>従業員をけなす社長にはあまり融資をしたくない

決して多くはないのですが、私たち銀行員など会社の外部の人間に対して自社の従業員のことをけなす社長に出くわすことがあります。
「あいつは本当に頭の回転が遅い」
「何をやらせてもミスばかりしやがる」
「うちの社員は本当にどうしようもないやつばかりだ」・・・

聞いていて良い気持ちはしません。
批判の対象となっている従業員さんの能力など私たち銀行員は到底わかりませんが、そもそも自社の従業員のことを外部の人間に対して平然と批判する社長と信頼関係を築いて、取引を拡大していこうという気持ちにはなりません。
こういう社長のタイプで多いのは、業績の悪化を「景気が悪いから」「従業員がだめだから」など外部要因のせいばかりにして、では今後どのように改善していくかなどといった対策は何も考えていません。

銀行融資の点で言い換えれば、返済が出来なくなっても、「業績が悪化して資金繰りが苦しいからしょうがないじゃないか」「返せないものは返せない」などと開き直りをされて、今後どのように返済をしていくかなど全く考えないと言えます。
このような方が社長である会社とは安心して融資など出来ません。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト