銀行員の決算書分析 仮払金

ホーム銀行員の決算書分析>銀行員の決算書分析 仮払金

貸借対照表(バランスシート)の流動資産に計上される仮払金。
本来は勘定科目が定まらないため「一時的に」計上する科目です。
例えば社長が出張に行くので、その費用としてとりあえず10万円を出費。
社長が出張から戻ったら精算して経費として計上するまでの一時的な会計方法です。

一時的であれば何ら問題はないのですが、毎期毎期同じ金額で計上されていたり、計上金額も「一時的」とは言えないほど多額な場合があります。
よくある例としては、本来は経費として損金処理をしなければならないが、それを行うと会社決算が赤字となってしまうため、そのままにしておくパターン。

また何だかの形で会社からすでに資金は流出しているのであるが、「表に出せない」タイプのものだから、仮払金として滞留させているタイプ。

いずれの場合も「資産」ではありません。
資金化されるものでなく、そもそも「流動資産」に計上すること自体がそぐわないものです。





仮払金として計上されているものが数十万円以内のように少額なものであればまだ良いのですが、これが百万円単位となってくると銀行はその決算書の真実性を疑うようになります。
つまり粉飾の疑いです。

仮払金が多額に計上している会社の決算はおおむね悪い場合がほとんどです。
実質的には赤字の場合が多いのです。
このような場合銀行員は仮払金が多額に計上されている場合は、それを利益から控除して実態的な決算内容にて融資審査を行います。

仮払金を何年も何年も多額に計上している会社が時折ありますが、そのような決算を行っている会社は表面的には黒字決算であっても、実態的には赤字決算である場合が多く、さらには実態債務超過の場合もあります。

したがって銀行は仮払金を長年多額に計上している会社に対しては、新規の融資を検討するというよりは、基本的には取引解消を視野に入れます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%