経理担当者の退職に銀行員は最も警戒します


ホーム銀行とのつきあい方>経理担当者の退職に銀行員は最も警戒します

会社の経理担当者は経営者とともに社内の資金繰り事情に最も精通しているはずです。
資金繰りの良し悪しは会社の経営状態を客観的に示すことから、経理担当者は社内でもっとも会社の実態の経営状態を把握している人と言えます。

その経理担当者が退職するということは、会社の経営状態の危険信号を示す有力な事柄です。
もっとも私的な事情で経理担当者が退職したかもしれません。
しかし、倒産した会社の事例を見てみると、倒産する直前に経理担当者が退職したり、あるいは交代したりすることが珍しくないのです。
したがって銀行員は経理担当者の退職に強い警戒感を抱くのです。

もし経営状態とは関係なく、経理担当者が退職したり交代したりするのであれば、事前に取引銀行に知らせておくことが望ましいと思います。
銀行に余計な警戒を抱かせないために。

◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト