納期を守らない会社は危ない会社

投稿日:

ホーム銀行融資審査マンの心理>納期を守らない会社は危ない会社

取引先から受注した仕事には製品などを納める期日、つまり納期があるはずです。
この納期を守らないと取引先から信頼されなくなり、以降の受注が受けられなくなる恐れがあります。
このような会社は簡単に言えば「いい加減」だということです。
銀行取引に限らず、およそ取引というものは双方の信頼関係が土台になっているはずです。
その信頼関係がなければ、取引の拡大など望めず、むしろ縮小・解消に向かっていきます。

銀行は外部の存在ですから、事業の納期を守っているかどうかを正確に把握することは出来ませんが、取引先との何気ない会話や風聞などで納期が守られていないことを知ることがあります。
銀行取引にこの納期を当てはめると、融資の返済期日にきちんと返済されない、お願いしていることをきちんと守ってくれないなどの形で表れてきます。
こうなると銀行と融資先との信頼関係が少しずつ崩れていきます。

納期を守らない、返済期日を守らない、約束を守らないといった取引先は危ない会社です。
とても安心して銀行融資の取引をすることは出来ません。
どれだけ業績が好調でも約束事を守らない会社とは積極的な取引はしたくありません。
逆に業績に苦しんでいても、約束事をきちんと守る取引先に対しては、出来るだけ応援したい気持ちになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資審査マンの心理
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.