仕入先からの受取手形があるのはなぜ?

投稿日:

ホーム銀行員の決算書分析>仕入先からの受取手形があるのはなぜ?

決して多くはないのですが、取引先の決算書の勘定明細を見ていると、受取手形の勘定明細のなかに仕入先が振出人と思われるケースに出くわすことがあります。
これはおかしいですよね。

これは融通手形

仕入先からの受取手形があるということは、仕入とは反対、つまり当社が販売やサービスなどを提供していることを意味しています。
しかし仕入先ですから、当社が販売やサービスなどを提供することはありません。
仕入先が振り出している受取手形はほぼ融通手形と見て間違いはありません。
つまり当社がその手形を割引などで資金調達をするために、仕入先より振り出してもらった手形なのです。
なぜ、このようなことをするのか?
それは当社の資金繰りが相当苦しいからです。

銀行は融資回収に専念

こういう事態に遭遇した場合、銀行はその取引先に融資を行うことはありません。
逆にすでに実施している融資をいかに回収するかに集中することになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行員の決算書分析
-,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.