銀行員の決算書分析 流動比率

ホーム銀行員の決算書分析>銀行員の決算書分析 流動比率

流動比率は財務分析の分野では「安全性」を示す指標として位置づけられています。
流動比率はつぎの算式で求めます。
流動比率(%)=流動資産÷流動負債×100

流動資産は1年以内に現金化するもの。
流動負債は1年以内で現金で支払わなければならないもの。
したがって流動比率は高ければ高いほどその会社の安全性が高いことを示しています。

流動比率が100%以上であれば、1年以内で現金化するものの方が1年以内に現金で支払わないといけないものよりも多いことを示していますから、支払い能力がある・高いとみなされます。

一方で流動比率が100%以下であれば、1年以内に現金化するものよりも1年以内に現金で支払わないといけないものが多いことを示していますから支払い能力が弱い・低いということを示しています。





ここで注意をしなければならいのは流動資産は1年以内に現金化するものを計上することになっていますが、中には現金化するのに1年以上を要するものが含まれている決算書を目にすることがあります。

例えば回収の見込みのない売掛金、すでに不渡りとなっている受取手形、回収することが可能なのかどうか疑わしい貸付金、資産性のない仮払金などが流動資産に計上されていることがよくあります。
表面的には流動比率が100%以上でも、これら回収が疑わしい流動資産を控除すると流動比率が100%以下になってしまうことがよくあります。

流動比率は確かにその会社の支払い能力を示す指標として代表的なものですが、実態はどうなのかを注意する必要があります。

流動比率そのものについては銀行員はそれほど注視をしていませんが、傾向として流動比率が高い会社の財務内容は良好な場合が多いです。
逆に流動比率が低い会社の財務内容は他の指標やバランス面で悪い場合が多いのが一般的です。

流動比率が100%以下の会社の決算書はバランスが悪く資金繰りも不安定で
あることが多いですから、銀行員はその会社の資金繰りに不安を感じます。





◆事業資金のご案内

ビジネクスト
原則無担保・保証人なしで最大1,000万円

オーナーズ セレクト カード
経営者・自営業者向けのカードローン


◆銀行員が選んだカードローン

イオン銀行
イオン銀行のカードローン 限度額最大800万円 利率3.8%~13.8%

モビット
限度額500万円 利率4.8~18.0%