商号変更や本店所在地の移転が多いと嫌われます

投稿日:

ホーム銀行融資の審査に関すること>商号変更や本店所在地の移転が多いと嫌われます

履歴事項全部照明の大切な意味

すでに融資の取引のある顧客は別ですが、新規に法人との融資取引を検討する際に銀行は検討資料として法人の履歴事項全部証明書の提出を求めます。
履歴事項全部証明書の提出を求めるのは法人の本人確認の意味合いもあるのですが、銀行にとってもっと大切な確認事項があります。

頻繁な変更は法人の実態を隠すため?

それは商号の変更や本店所在地の変更、代表者の変更がたびたび行われていないかという点です。
商号の変更や本店所在地の変更、代表者の変更がたびたび行われているのは、やはり不自然です。
普通は商号も本店所在地、代表者がころころと変わることはないはずです。

商号や本店所在地、代表者はどれも法人にとって中核をなす事柄のはずです。
それらがコロコロと変わるということは、その法人自体の実態が不明瞭だと言えます。
法人の実態を隠すために商号などを頻繁に変えているとも言えます。

合理的な理由がなければ融資は謝絶

このような法人とは銀行は融資取引を落ち着いて行うことは出来ません。
変更に合理的な理由が見いだせない場合には、融資を謝絶することになります。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-銀行融資の審査に関すること
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.