個人信用情報の開示請求した場合、今後のローンを組む審査やクレジットを作る際に不利になるのでしょうか?

ホーム個人信用情報に関すること>個人信用情報の開示請求した場合、今後のローンを組む審査やクレジットを作る際に不利になるのでしょうか?

別に不利になるようなことはありません。
個人情報に対する関心の高まりから、自分自身の信用情報を確認するために、情報開示の請求は増えています。

まだ個人情報に対する関心が現在ほどに高くなかった時期においては、個人信用情報の開示請求を行う方は少なかったはずです。
そのため、ローンやクレジットカードの審査時に開示請求の履歴があると、「何か気になることがあるのかな?」などと勘繰りも確かにありました。



しかし現在では上記のような勘繰りはなく、開示請求は単なる事実として受け止めているだけです。
気にされる必要はありません。


◆管理者が選んだ法人・オーナー向けの資金調達サイト
ビジネクスト
オンラインで申し込みが可能で短期間審査。ビジネスローンを始め多様な商品構成。最大1,000万円。

資金調達プロ とにかく急な資金不足に資金調達が可能かどうか10秒で簡単に無料診断が可能です。
つなぎ資金が足りない方、銀行融資取引を断られた方、税金滞納、赤字決算でも可能。