個人信用情報の開示請求した場合、今後のローンを組む審査やクレジットを作る際に不利になるのでしょうか?

投稿日:

ホーム個人信用情報に関すること>個人信用情報の開示請求した場合、今後のローンを組む審査やクレジットを作る際に不利になるのでしょうか?

別に不利になるようなことはありません。
個人情報に対する関心の高まりから、自分自身の信用情報を確認するために、情報開示の請求は増えています。

まだ個人情報に対する関心が現在ほどに高くなかった時期においては、個人信用情報の開示請求を行う方は少なかったはずです。
そのため、ローンやクレジットカードの審査時に開示請求の履歴があると、「何か気になることがあるのかな?」などと勘繰りも確かにありました。

しかし現在では上記のような勘繰りはなく、開示請求は単なる事実として受け止めているだけです。
気にされる必要はありません。

おすすめ記事

最大の特徴は短期間かつ簡易審査 ビジネスローンは一言で言えば、中小企業や自営業者の方への事業資金の融資です。 ビジネスローンの最大の特徴は比較的簡易な審査によって融資が実行される点です。 利率がやや高 ...

資金調達の第一は銀行融資ですが・・・ 資金繰りに困った時に第一の手段は銀行から融資を受けることです。 しかし銀行融資を受けるには審査に通らなければなりません。 赤字決算などが理由で銀行融資が受けられな ...

-個人信用情報に関すること
-, ,

Copyright© 銀行員の融資総合ガイド , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.